情報ライブおしゃれ屋

おしゃれさんに得する最新情報をお届けします!ファッション・美容・インテリアなど今流行している情報をお届けします!

2016年 東京(新宿区や文京区なども)で花見に行くならこの穴場 スポット

hanamispot

こんにちは、管理人です。寒くて厳しい冬もそろそろ終わります。
そして、春と言えばお花見ですよね!
もうすぐ桜のきれいな時期がやってくると思うと胸が踊ります。

東京の桜の名所は数多くありますが、今回は、知る人ぞ知る穴場スポットをご紹介します。

新宿区 戸山公園

山手線の高田馬場から新大久保にかけて左右に広がるのは戸山公園。
江戸時代に尾張徳川家の下屋敷があった跡地です。約340本の山桜ソメイヨシノが見られます。

・開花時期:3月下旬〜4月上旬
・入場料:無料
・問い合わせ:戸山公園サービスセンター
・TEL:03-3200-1702
・住所:東京都新宿区戸山2丁目3丁目、新宿区大久保3丁目

中野区 哲学堂公園

大江戸線南長崎から徒歩10分にある哲学堂。
昭和37年東洋大学の創立者、井上円了博士が精神修養の場として創設されました。
山桜、ソメイヨシノ、里桜が約100本。園内はもちろん、近くの新井薬師を経由しながら、帰りはJR中野駅まで歩いて花見が楽しめます。

・開花時期:3月下旬〜4月上旬
・入場料:無料
・問い合わせ:哲学堂公園管理事務所
・TEL:03-3951-2515
・住所:東京都中野区松が丘1ー34

文京区 小石川後楽園

丸ノ内線後楽園、飯田橋にある小石川後楽園。
江戸初期、水戸徳川家の江戸上屋敷内につくられた回遊式築山泉水庭園で、二代藩主の光圀の儒学思想を反映された中国風の景観が楽しめます。園内に入ると正面に「馬場桜」と名付けられた見事なシダレザクラがあります。ソメイヨシノや山桜も咲いていますよ!

・開花時期:3月中旬〜4月上旬
・入場料:一般300円 65歳以上150円(小学生以下及び都内在住、在学の中学生無料)
・問い合わせ:小石川後楽園サービスセンター
・TEL:03-3811-3015
・住所:東京都文京区後楽1ー6ー6

文京区 六義園

元禄8年、五代将軍徳川綱吉から下屋敷として与えられた柳沢吉保が、設計と指揮を取り、文学的造詣の深さがあらわれている回遊式築山泉水庭園となっています。和歌にも詠まれた日本の名勝を取り入れた庭園で、国の特別名勝に指定されています。
六義園のお花見と言えば「シダレザクラと大名庭園のライトアップ」が見事です。閑静な住宅街にある六義園。
庭園中心部に通じる「内庭大門」をくぐると現れる、シダレザクラのライトアップで夜桜を楽しでみてはいかがでしょうか!?

・開花時期:3月下旬〜4月上旬
・ライトアップ期間:3月22日(金)~4月7日(火)の日没から21時まで(期間中は休みなし)
・入場料:大人(中学生以上)300円 65歳以上150円(小学生以下及び都内在住、在学の中学生無料)
・問い合わせ:六義園サービスセンター
・TEL:03ー3941ー2222
・住所:東京都文京区本駒込6ー16ー3

足立区 舎人公園

舎人公園には「レーガン桜」という桜があるのをご存知でしょうか?
「レーガン桜」とはアメリカのレーガン大統領夫人が来日した際に贈られた苗木を、舎人公園に植樹したものなのです。
日米親善の「桜の特使」として里帰りした桜です。

・開花時期:3月中旬~4月中旬
・入場料:無料(各スポーツ施設利用は予約が必要、利用料金がかかります)
・問い合わせ:舎人公園サービスセンター
・TEL:03ー3857ー2308
・住所:東京都足立区舎人公園1-1

北区 飛鳥山

小高い丘になっている飛鳥山は、8代将軍徳川吉宗が桜を植え庶民院開放した桜の名所です。
小型ロープウェイがあります。ソメイヨシノ、カンヒザクラ、サトザクラがおよそ600本の迫力です。
桜の見ごろには、園内をボンボリで照らされた夜桜見物ができます。出店もあるので楽しそうです。

・開花時期:3月下旬〜4月上旬
・入場料:無料
・問い合わせ:北区土木部道路公園課
・TEL:03ー3908ー9275
・住所:東京都北区王子1ー1ー3

東京の穴場のお花見スポットで、家族や友達、大切な人と、美しい桜の花々を愛でてみてはいかがでしょうか。
みんなでワイワイお酒も飲めるし、今年も桜の開花が楽しみですね( ̄ー ̄)

花見グッズの人気ランキング


最後までお読みいただきありあとうございました。
今年もみんなでワイワイと楽しい花見を過ごしてくださいね!

   

 - 旅行